渡辺まさし

前文京区議会議員(立憲民主党)

ホーム > 空の上の危機管理の必要性を痛感。(東京消防庁航空隊を視察)

空の上の危機管理の必要性を痛感。(東京消防庁航空隊を視察)

DSC00898

10:00 特別区23区議長会の視察で、立川にある東京消防庁航空隊を視察してきました。ここには8機のヘリコプターが配備され、災害時の情報収集やビル火災の際の屋上救出、水難救助、島しょ地区での救急搬送、山麓遭難者の捜索など・・・実に様々な任務にあたっています。年間の出動回数は450回にも上るとの事・・・私もヘリに搭乗させて頂き、東京を1周の視察を体験いたしましたが、まさに「空の上の危機管理」の必要性をあらためて痛感した思いでおります。

このページの先頭へ

前文京区議会議員(立憲民主党)

お問い合わせはこちら